最高のてん茶は家族の絆の結晶 じっくり時間をかけ味わう煎茶最後の一滴まで注ぎ味わい尽くす至福の一服 天ぷらみそ汁おにぎりにだし巻きお茶を知り尽くす料理人が生むお茶料理の数々に感動 茶源郷ではサバずしもお茶入り 手作り器で野草茶心和むひととき. 2011-11-01 江戸時代の代表的な俳人のひとり小林一茶1763 1828年は作品数がたいへん多く生涯で2万句ほど詠んだとも言われています. 少し涼しいくらいお茶とお菓子で一服 Tableware Glassware いっぷく一服 名 スル 1 茶やタバコを1回のむことまたその量 2 茶やタバコをのんで休息することひと休みここらで 一服 しよう […]